投稿型マイクロ百科事典 | とはペディア

現在275語の『とは』が掲載されています。
意味を知りたい語句を検索窓に打ち込むと、候補一覧が表示されます。

開陳(かいちん)とは

自分の意見や考えなどを人前で述べること。
使い方は「政治家が所信を開陳する」など。
ご開陳ということもある。

bundlerとは

プロジェクト内で使うGemのパッケージ管理ツール。
Bundlerを利用することで,アプリケーション単位でgemを管理できる。

VB.NETとは

「Visual Basic .NET」の省略表現。
Microsoftが開発した、Windowsで動くプログラムを作るためのプログラミング言語

Amazon ECSとは

Amazon EC2 Container Serviceの略。
複数EC2インスタンスの集合(クラスター)上にDockerコンテナを使ってServiceを動作させるもの。

XMLとは

インターネット上で使用される各種技術の標準化推進団体である、W3C(World Wide Web Consortium)によるオープンな規格。

XMLとは

「Extensible Markup Language」の略で、日本語では「拡張可能なマークアップ言語」と訳される。

Material Designとは

Material DesignとはGoogleが構築したUIデザインフレームワーク。
Androidだけでなく、WebやiOSのデザインにも活用できる。

メタファーとは

映画や小説、映画、漫画、デザインにまで、あらゆる表現のなかで使われる「たとえ」の技法のこと。

関数とメソッドの違いとは

オブジェクト指向プログラム言語で定義されたオブジェクト(クラスや構造体など)で定義された関数と同じような書き方をされたものがメソッドと呼ばれ、それ以外のものは関数と呼ぶ。

ノード(node)とは

点と線で構成図を書いたときの点の部分のこと。

ドメイン駆動設計(DDD)とは

ソフトウェア開発者、ドメインエキスパートと共に常に同じ言語で認識を合わせ、ドメインモデルについて常に探求を続ける。
そして最終的にモデルと言語をソフトウェアにまで落としこむことを目指すこと。

フィンガープリントとは

電子証明書や電子メールの本文が改竄されていないか確認する用途で利用されている。
また、音楽やビデオなどの著作権を侵害したものかどうかを検出したり、音楽ファイルから何の曲であるかを特定する用途などでも利用されている。

フィンガープリントとは

元々は「指紋」を意味する英語で、デジタルコンテンツの同一性を確認するために使用される値のこと。

金科玉条とは

読み方はきんかぎょくじょう。
意味は「最も大切にして守らなければならない重要な法律または規則」。
金科と玉条はそれぞれ「大切にすべき決まり」を表し、2つの言葉を重ねることで、意味をさらに強めている。

バイナリ (binary)とは

2進数で表現される、コンピューターが扱うデータ(バイナリデータ)のこと。
コンピュータで扱えるデータは、文字列や画像、音声、プログラムなど全てがバイナリである。

うるう秒とは

1972年にうるう秒による調整が開始されて以来、現在までに27回のうるう秒(いずれも挿入)が実施されている。

うるう秒とは

うるう秒による調整は、12月か6月の末日の最後の秒(世界時)でおこなわれ、それでも調整しきれない場合には3月か9月の末日の最後の秒(世界時)でおこなわれる。

うるう秒とは

地球の自転と原子時計によって決まる時刻の差がプラスマイナス0.9秒の範囲に入るように追加もしくは削除される秒数。

YAGNI(ヤグニ)とは

「You Aren't Gonna to Need It.」の頭文字を並べたもので、「そんな機能は必要ないって」という意味。
必要の無いものは設計に組み込まないという、ウォーターフォール型開発の真逆をいく開発手法。

GPUとは

最近ではCPUの代わりにGPUを搭載し、GPUサーバーが注目されている。
膨大な計算処理を行うディープラーニング用に、CPUの代わりに高い演算性を持つGPUを搭載した「GPUサーバー」が活用されている。

GPUとは

「Graphics Processing Unit」の略で、3Dグラフィックスなどの画像描写を行う際に必要となる計算処理を行う半導体チップ(プロセッサ)のこと。

コードスニペット とは

スニペットとは、一般的には「切れ端」「断片」という意味。
IT用語としては、プログラミング言語の中で簡単に切り貼りして再利用できる部分のこと、または、検索エンジンによる検索結果の一部として表示される、要約文のこと。

座組みとは

ビジネス用語でプロジェクトの編成組織の組み合わせのこと。
元は演劇、見世物、寄席などの、一座の出演者の組織や構成を意味する。

顔マラソンとは

GPSの軌跡を使って大地に「顔」を描くマラソンです。距離はどのコースもちゃんと42.195kmあります。ただし、タイムや順位を競うわけではなく、みんなでおしゃべりしながら楽しく走ります。