投稿型マイクロ百科事典 | とはペディア

現在271語の『とは』が掲載されています。
意味を知りたい語句を検索窓に打ち込むと、候補一覧が表示されます。

集合知とは

集合知が生まれる条件
①意見が多様であること
②メンバーが独立していること
③メンバーが分権化されていること
④メンバーの意見を集約する仕組みがあること

集合知とは

多数の凡人が集まることで1人の天才を越えるといる考え方もあり、これを「集合的知性(Collective Intelligence)」と呼ばれる。

集合知とは

少数の専門家の意見よりも、多数の普通の人の意見を集約したもののほうが正しいという考え方。

Web2.0とは

90年代半ばから普及・発展してきた従来型のウェブを1.0とすると、Web2.0では情報の受け手が大きな役割を担っており、主な技術やサービスには「ブログ」・「SNS」・「Ajax」・「Wiki」などがある。

Web2.0とは

新しい発想に基づくWeb関連の技術やWebサービス、サービスなどの総称。
05年に米オライリー・メディア社のティム・オライリー氏の「what is Web2.0」の論文で注目を集めた。

大企業モンモン病とは

「課題が何か」を考えられないままに「うちの経営者はわかっていない」「うちの会社はおかしい」と批判するばかりの「他人事・野党病」にかかり、「あなたが社長ならどうするの」と聞かれても、答えられない人間になってしまう。

大企業モンモン病とは

幻冬舎の箕輪厚介さんが名付け親。すごく優秀で大企業に入るが、入社から10年、15年経っても意思決定できるポジションにつかず「何かうちの会社はおかしい」と会社を批判ばかりしてしまう病

高校野球甲子園の経済効果とは

プロ野球と比べると、外野席は無料、アルプス席は600円という非常に安価な料金設定にもかかわらず、約2週間で350億8080万円という非常に大きな経済効果をもたらす。

高校野球甲子園の経済効果とは

入場者数を過去5大会の平均から84万4200人と仮定し、そこへ運営スタッフと報道関係者がそれぞれ1日500人加わり、それぞれに想定される入場料や交通費、宿泊費などをかけ合わせた。

高校野球甲子園の経済効果とは

 「経済効果の匠」と呼ばれる宮本勝浩・関大名誉教授は第99回全国高校野球選手権大会の経済波及効果を約350億8080万円とする推計を発表した。

マイペディアとは

とはペディアの中で自分がつくる百科事典のこと。ユーザーページとして活用することができる。

マイペディアとは

百科事典マイペディア
多方面にわたる基礎項目を網羅している百科事典です。

マイペディアとは

マイペディアは平凡社が刊行した百科事典である。書籍一冊で完結するコンパクトな百科事典として、1990年に刊行。CD-ROM化や電子辞書化、PDA用メモリーカード化など、電子化された。

ドゥームとは

モンスターストライク(モンスト)のキャラ。闘神ドゥームは「滅の審判を下せし水の闘神」(超絶)に出現。

ドゥームとは

英語で、「運命」、「(差し迫った)死」の意味を持つ単語。

ドゥームとは

DOOM(ドゥーム)は、日本のハードコア・ヘヴィメタルバンドである。アルバム『HUMAN NOISE』以前までは、メンバー全員が顔面白塗りの奇抜なメイクをしていた。

ドゥームとは

『DOOM』(ドゥーム) は id Softwareによって開発されたコンピュータゲームで、ジャンルはファーストパーソン・シューティングゲーム (FPS) である。

レイドバトルとは

PokemonGOの用語で「ボスポケモン」がジムを乗っ取ったときに発生。仲間のトレーナーたちで「ボスポケモン」に挑むイベント。

いいねした人全員フォローとは

TwitterやInstagramでいいねを集めるために使われる手法です。同類のものに「#RTした人全員フォローする」などがある

燦水サマービートとは

燦水(さんすい)!サマービート。夏祭りの季節がやってきました!
ミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちが、和楽器で夏祭り風のディズニーソングに乗せて、お祭りムードを盛り上げます。

電球ソーダとは

韓国発の電球型の容器に色鮮やかなドリンクを入れたもの。「SNS映え」する写真を撮るのに流行った。

パイレーツサマーとは

東京ディズニーシーでは2017年7月11日(火)から8月31日(木)までスペシャルイベント「ディズニー・パイレーツ・サマー」を開催。みんなで海賊になりきって、この世界に飛び込もう!

君の膵臓をたべたいとは

『君の膵臓をたべたい』は、住野よるによる日本の青春小説。略称は「キミスイ」。住野よるの作品が初めて出版された本でもある。

2025年問題とは

1965年は65歳以上1人に対して20歳から64歳の人は9.1人だった。
2025年には3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という『超・超高齢社会』を迎え、介護費や医療費など社会保障費の急増が問題となる。