高校野球甲子園の経済効果とは

『高校野球甲子園の経済効果とは』の意味一覧を表示しています。
ログイン中に電球マークをクリックすることで、その意味がどれほど納得できたか評価できます。
また、『高校野球甲子園の経済効果とは』についての意味を、下部より新規投稿ができます。

とはペディアンさんの考える『高校野球甲子園の経済効果』の意味

 「経済効果の匠」と呼ばれる宮本勝浩・関大名誉教授は第99回全国高校野球選手権大会の経済波及効果を約350億8080万円とする推計を発表した。

参照元 http://www.asahi.com/sp/articles/ASK844SFVK84PTQP014.html

とはペディアンさんの考える『高校野球甲子園の経済効果』の意味

入場者数を過去5大会の平均から84万4200人と仮定し、そこへ運営スタッフと報道関係者がそれぞれ1日500人加わり、それぞれに想定される入場料や交通費、宿泊費などをかけ合わせた。

とはペディアンさんの考える『高校野球甲子園の経済効果』の意味

プロ野球と比べると、外野席は無料、アルプス席は600円という非常に安価な料金設定にもかかわらず、約2週間で350億8080万円という非常に大きな経済効果をもたらす。