とはペディアンさんのマイペディア

現在481件の意味が、とはペディアンさんの辞書に掲載されています。
とはペディアンさんの辞書の中で意味を知りたい語句を検索窓に打ち込むと、候補一覧が表示されます。

集合知とは

多数の凡人が集まることで1人の天才を越えるといる考え方もあり、これを「集合的知性(Collective Intelligence)」と呼ばれる。

集合知とは

少数の専門家の意見よりも、多数の普通の人の意見を集約したもののほうが正しいという考え方。

Web2.0とは

90年代半ばから普及・発展してきた従来型のウェブを1.0とすると、Web2.0では情報の受け手が大きな役割を担っており、主な技術やサービスには「ブログ」・「SNS」・「Ajax」・「Wiki」などがある。

Web2.0とは

新しい発想に基づくWeb関連の技術やWebサービス、サービスなどの総称。
05年に米オライリー・メディア社のティム・オライリー氏の「what is Web2.0」の論文で注目を集めた。

大企業モンモン病とは

「課題が何か」を考えられないままに「うちの経営者はわかっていない」「うちの会社はおかしい」と批判するばかりの「他人事・野党病」にかかり、「あなたが社長ならどうするの」と聞かれても、答えられない人間になってしまう。

大企業モンモン病とは

幻冬舎の箕輪厚介さんが名付け親。すごく優秀で大企業に入るが、入社から10年、15年経っても意思決定できるポジションにつかず「何かうちの会社はおかしい」と会社を批判ばかりしてしまう病

高校野球甲子園の経済効果とは

プロ野球と比べると、外野席は無料、アルプス席は600円という非常に安価な料金設定にもかかわらず、約2週間で350億8080万円という非常に大きな経済効果をもたらす。

高校野球甲子園の経済効果とは

入場者数を過去5大会の平均から84万4200人と仮定し、そこへ運営スタッフと報道関係者がそれぞれ1日500人加わり、それぞれに想定される入場料や交通費、宿泊費などをかけ合わせた。

高校野球甲子園の経済効果とは

 「経済効果の匠」と呼ばれる宮本勝浩・関大名誉教授は第99回全国高校野球選手権大会の経済波及効果を約350億8080万円とする推計を発表した。

2025年問題とは

1965年は65歳以上1人に対して20歳から64歳の人は9.1人だった。
2025年には3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という『超・超高齢社会』を迎え、介護費や医療費など社会保障費の急増が問題となる。

2025年問題とは

1950年頃のベビーブームに生まれた「団塊の世代」が後期高齢者である75歳となるのが2025年頃。
2025年には、高齢者人口は約3,500万人となり、高齢者人口の割合が全体の約30%に達することが予想されている。

PostgreSQLとは

ポストグレスキューエルと読み、ポストグレスやポスグレと呼ばれることも多い。

PostgreSQLとは

MySQL、MariaDBと並んで人気の高いオープンソースのRDBMS。
初期の頃より商用RDBMSに劣らないくらい多機能だったため、日本国内では業務として採用されている例が多い。

MySQLとは

オープンソースのRDBMS。
20年に渡って開発が続けられており、WordpressやWikiシステムMediaWikiなどに採用されてきた。
現在はオラクル社の管理下にある。

オープンソースとは

ソフトウェアのソースコード(プログラム)が公開されていて、製品開発もオープンに行われている形態。
ほとんどのオープンソースソフトウェアは無償となっている。

リレーショナルデータベースとは

現在主流のデータベースで、その操作にはSQLが使われる。

リレーショナルデータベースとは

格納する表(テーブル)は「行」と「列」からなる。
行はレコード、列はカラム、フィールドまたは属性と呼ばれる。

日本人の平均寿命とは

2016年は女性は87.14歳、男性が80.98歳で、いずれも過去最高を更新。
女性は前年に比べて0.15歳、男性は0.23歳延びた。

Angularとは

AngularJSの後継だが、その中身は大幅に変わっているため互換性はない。
登場時はAngular2のように呼ばれていたが、現在は「Angular(バージョンなし)」が正式名称。

Angularとは

Googleと個人と企業のコミュニティによって開発が進められているJavaScriptフレームワーク。
オープンソースライセンスのMITに基づいて配布されている。

ワードハンティングとは

獲物をねらうハンターのように、「まだ辞書に載っていないことばはないか」「意味が変わってきたことばはないか」と、ことばを探すこと。

リレーショナルデータベースとは

2次元の表形式でデータ構造を表すことができるデータベース。
複数の表(テーブル)にデータを格納し、それらを関連付けて表現する。

インピーダンスミスマッチとは

インピーダンスミスマッチ(Impedance mismatch)という言葉は電気工学の言葉から来ており、IT用語ではO/R (Object/Relational )インピーダンスミスマッチとも呼ばれています

インピーダンスミスマッチとは

オブジェクト指向プログラミング(OOP)でリレーショナルデータベース(RDB)を扱う際の、OOPとRDB両者の設計思想の違いから生じる不一致問題