とはペディアンさんのマイペディア

現在568件の意味が、とはペディアンさんの辞書に掲載されています。
とはペディアンさんの辞書の中で意味を知りたい語句を検索窓に打ち込むと、候補一覧が表示されます。

インターフェースとは

ハードウェアインターフェースは、複数の装置を接続して通信する際の規約で、コンピュータ内部や周辺機器のデータ伝送、コンピュータ間の通信など、用途に合わせて様々なインターフェースが存在する

インターフェースとは

境界や接点を意味する言葉であり、ITでは情報の媒介装置を意味する。
主に「ハードウェアインターフェース」「ソフトウェアインターフェース」「ユーザインターフェース」の3つに分類される。

導線とは

どうせんという言葉には「導線」と「動線」の二つの表記があり、
「導線」は導く線という意味で、予め予想したルート(未来)
「動線」は動く線という意味で、実際の動きを指す(現在・過去)

導線とは

顧客が店内を見てまわる道順のこと。
Webページにおいては、ページ内での訪問者の動きを指す。

押下とは

読み方は「おうか」。
キーボードのキーを押し下げることを示す語。
キーを押してから離すまでの一連の動作のうち、キーを押し下げる動作のみを示す語として用いられる。

フィックス(fix)とは

バグに対するフィックスを「バグ・フィックス」。
緊急時に応急的に対応する事を「ホット・フィックス」といわれる。

フィックス(fix)とは

IT関連分野で使うときには、開発の修正等を締め切り最終版を確定させるといった意味で使われている。
また、プログラムの不具合を対応・修正することや、修正後配信する事も同じく「フィックスする」と言われる。

フィックス(fix)とは

修理、修正、固定するなど、多くの意味を持つ英単語。
ビジネスシーンでは、仕事の内容や行動を最終決定するという意味がある。

whois情報とは

1982年、インターネットの技術標準に関して記述されている文書のひとつRFC812(NICNAME/Whois)によって、はじめてWhoisについての技術情報や仕様・運用規則などが定められた。

whois情報とは

IPアドレスやドメイン名の登録者などに関する情報を、インターネットユーザーが誰でも参照できるサービス。
ネットワークの安定的運用や、同一、類似ドメイン名の存在確認、商標などトラブル解決のために必要な情報を提供する。

データとは

間隔尺度:項目間の間隔に意味を持たせたもの(例:温度)
比率尺度:項目間の間隔だけでなく、比率にも意味を持たせたもの(例:体重)

データとは

データは名義尺度・順序尺度・間隔尺度・比率尺度に分けられる。
名義尺度:項目ごとに記号を割り振ったもの(例:血液型)
順序尺度:項目ごとに記号を割り振り、順序を定義してもの(例:人気順)

データとは

世の中にある現象や事柄を観測し、その結果を記号化したもの。
同じ基準で計られた同じ事象は同じ記号で表現されるはずなので、バイアス抜きに物事を見ることができる。

文字コードとは

コンピューター内で使われる0と1の組み合わせと人間に見せるための各文字を突き合わせるためのルール。
Windowsでは古くからshift-JISがデフォルトで使われてきた。

Webスクレイピングとは

Webスクレイピングは、代行サービスもありますが、たいていはプログラムを作成して実行する。

Webスクレイピングとは

Webページから必要なデータを収集すること。
スクレイピングを行うのはスクレーパー(scraper)と呼ばれる。

LibraHack事件とは

個人利用や検索サービスの提供、データ分析を目的とする場合は、著作権保護法の例外規定に適用される。

LibraHack事件とは

LibraHack氏は「1秒以上間隔を空けてからアクセスする」という常識を守っており、蔵書検索サービスにも不具合があったこともあり、最終的には起訴猶予処分となり釈放された。