とはペディアンさんのマイペディア

現在568件の意味が、とはペディアンさんの辞書に掲載されています。
とはペディアンさんの辞書の中で意味を知りたい語句を検索窓に打ち込むと、候補一覧が表示されます。

JavaScript bindメソッドとは

定義された関数に対して、thisを代入できるメソッド。
JavaScriptでは、関数内のthisは関数自体を指す。
また、そのthisに値を設定することで、関数のプロパティ(関数に関する情報)を設定できる。

Drag & Drop APIとは

要素をドラッグ可能な状態にするには、ドラッグする要素のdraggable属性にtrueが指定されている必要がある。
例外としてimg要素と、要素はデフォルトでdraggable属性にtrueがセットされている。

Drag & Drop APIとは

HTML5のAPIの中でもかなり古くからあり、現在使われている主要なブラウザなら問題なく使える。
また、操作の性質上からスマートフォンではサポートされていない。

Drag & Drop APIとは

ページ内の要素をドラッグで動かし、ほかの場所に移動させたり、ブラウザ外からファイルをページにドロップしたりといった操作を可能にするHTML5のAPI。

RESTの4つの設計原則とは

リソースに対してURLが対応づけられる。(そのため、URLが名詞的になることが多い)

RESTの4つの設計原則とは

3.すべての情報は汎用的な構文で一意に識別される。(URLやURIなど)
4.情報の内部に、別の情報や(その情報の別の)状態へのリンクを含めることができる。

RESTの4つの設計原則とは

1.セッションなどの状態管理を行わない。(やり取りされる情報はそれ自体で完結して解釈することができる)
2.情報を操作する命令の体系が予め定義・共有されている。(HTTPのGETやPOSTメソッドなど)

REST APIとは

リソース操作はHTTPメソッドによって指定(取得ならGETメソッド、書き込みならPOSTメソッド)され、結果はXMLやHTML、JSONなどで返される。また、結果はHTTPステータスコードで通知するという原則がある。

REST APIとは

REST APIでは、URL/URIですべてのリソースを一意に識別し、セッション管理や状態管理などを行わない(ステートレス)。同じURLに対する呼び出しには常に同じ結果が返されることが期待される。

REST APIとは

Webシステムを外部から利用するためのプログラムの呼び出し規約(API)の種類の一つで、RESTと呼ばれる設計原則に従って策定されたもの。

わかるとは

「知識同士のネットワ ーク化 」をすること。
新しい知識 (情報 )をもっている知識につなげる 。
そしてまたそのつなげた知識 (情報 )に新しい知識 (情報 )をつなげること。

強者の特権とは

「いつでもやめられる」こと。
ぐに止められるのが強者で、「そんな簡単にやめられるわけない」と思うのが弱者。

にんにく注射とは

主成分であるビタミンB1は、体内でエネルギーを作るために必要であるとともに、疲労物質の除去に役立つ。
このビタミンB1などのビタミンを静脈注射し速やかに血中濃度を上昇させるため、効果的な疲労回復が見込める。

にんにく注射とは

医療用ビタミン製剤の注射療法のこと。
軽くにんにくのような臭いのするビタミン注射で、にんにくの成分やにんにくそのものを注射するのではない。

HTTPヘッダーとは

リクエストの際はリクエストヘッダともいう
・2行目~ 空行までの部分
・リクエストについての情報や属性が書かれている

XMLHttpRequest(XHR)とは

JavaScriptでHTTP通信を行うための組み込みオブジェクト(API)。

GreenSnap(グリーンスナップ)とは

GreenSnap株式会社が運営する植物好き同士がつながる植物特化型のSNS。
植物アルバムの作成、空間別・目的別に検索、「植物タグ」での交流などができる。

各論(かくろん)とは

全体をいくつかの項目・部門に分け、その一つ一つについての意見・論議。
反対語は総論。